不動産担保ローンを実際に申し込んでみた

経営者だと決算書なども必要

学び直しておきたい | 経営者だと決算書なども必要 | 書類は速達

例えば会社の経営者だと決算書なども必要らしいです。
それから担保にする不動産に関しても聞かれますが、これは私の場合は自宅でしたが、勿論他にも不動産投資用の中古物件などでも可能です。
これについても抵当権やローンなどの担保になっているかも尋ねます。
他にも扶養されている家族についても質問があり、そのあとに借入についての説明がありました。
借りたのは100万円ですが、これだと金利が8.0%〜9.0%ぐらいになると言われて、事務手数料・登記費用・司法書士報酬など数万円の諸費用も別にかかると言われました。
また、諸費用が掛からないカードローンの方が返済期間によって負担が少ないかもしれないと勧められたり、借入まで大体1ヶ月くらいかかることや申込書を返送してから審査に通れば来店して契約になることもきちんと説明してくれます。
あと、他の方の不動産担保ローンの利用の仕方なども説明があり、カードローンなどの高金利からの借り換えやおまとめで利用される方が多いようで金利が下がるため返済負担が軽減されるメリットが大きいです。
質問などがなければそれでやり取りは終わり、申込書が後日郵送されました。
郵送されてきた書類は、申込書類の案内・申し込んだ銀行の案内書・取引総合規定・ローンのパンフレット、金利の案内・申込必要書類チェックリスト・ローン借入申込書兼同意書・借入先の詳細・口座開設申込書兼同意書・返信用封筒です。