不動産担保ローンを実際に申し込んでみた

書類は速達

必要書類は、給与所得のみならローン借入申込書・借入先の詳細・住民税課税決定通知書(または課税証明書)、住民税所得・固定資産税の各納税証明書、写真付きの本人確認書類・健康保険証・住民票・口座開設申込書です。
口座開設は、既に申し込んだ金融機関に持っている場合は必要ありません。
電話で対応してくれた担当の方についてですが、大変丁寧な受け答えをしてくれて安心でした。
他にも100万円の借入だと金利が8.0%〜9.0%ぐらいなことや諸費用に数十万円かかること、借入までに1ヶ月ぐらいかかることなどもきちんと申し込む前に話してくれたので良かったです。
さらに、100万円の借入だと諸費用がかからないカードローンの方が、返済期間によりますが返済負担が小さくなる可能性があると、最適な方のローンも教えてくれたのもいい感じでした。
申込書類も不明なことはほぼなく、電話で既に色々と確認していたので、申込書にはどの資料を用意すればいいかや何を書くかなど細かいことまで書いてありました。
書類は速達ですぐに届いて、早さについても不満はなかったです。

不動産を持っている人は、不動産担保ローンで資金調達する方法もあります。

— 鈴木博史 (@suzuhirosi) September 13, 2021

学び直しておきたい | 経営者だと決算書なども必要 | 書類は速達